再処理事業見通し 21、22年度「ゼロ」23年度「未定」/原燃

日本原燃は29日、2021年度から3年間の再処理事業の見通し「使用計画」を原子力規制委員会に提出した。昨年12月に公表した暫定の操業計画に合わせ、21、22年度の再処理量と使用済み核燃料受け入れ量はゼロに変更。国の認可法人で事業委託元の「使.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら