【スケートインターハイ】橋本「うれしさと悔しさ」 わずか0・25秒差

男子5000メートルで準優勝し、メダルを手に笑顔の橋本芳彦(八戸西)
男子5000メートルで準優勝し、メダルを手に笑顔の橋本芳彦(八戸西)
「うれしさも、悔しさもある」。高校最後のインターハイ最初種目を滑り終えた青森県のエース橋本芳彦は、首をひねりながら言葉を絞り出した。トップと0・25秒差の2位。目標の大舞台で表彰台に立った喜びと、頂にわずかに届かなかった悔しさが交錯した。 .....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら