八戸市、空き家対策に本腰 21~23年度計画策定

社会問題となっている空き家について、八戸市が2021年度から本腰を入れて対策に乗り出す。現在、21~23年度の3カ年の対策計画を策定しており、発生予防や利活用の促進などさまざまな観点から取り組みを進める方針。全国的にも空き家の割合が過去最高.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら