コロナ感染の警官側は請求棄却求め争う 十和田2飲食店休業の損害賠償訴訟

青森県警の20代男性警察官が新型コロナウイルス感染の可能性がありながら来店したことで約2週間の休業を余儀なくされたとして、十和田市の2飲食店が警官を相手に計約550万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が12日、青森地裁(佐々木耕裁判官.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録