【むつ中間貯蔵共用案】透ける関電の思惑 県と事業者の関係、疑問視する声も

電気事業連合会がむつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設で検討に着手する意向を示した、原発を持つ電力各社による共同利用案。これまでの経緯をたどると、青森県内にコールセンターを開設し、“地ならし”を進めてきた関西電力など事業者の思惑が透けて見える。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら