Free朝のニュースダイジェスト(1月9日)

【八戸市公会堂の改修完了】
 八戸市公会堂の改修工事が完了し、市は8日、報道機関に施設内を公開した。大ホールの座席を一新するなど、利便性の向上を図った。9日から一般の利用を始める。

【八戸の4人含む計9人感染】
 青森県は8日、9人の新型コロナウイルス感染を確認。保健所管内別では八戸市が4人、上十三が3人、青森市と弘前が各1人で、県内の感染者は累計で554人となった。

【子牛初競り、価格持ち直し】
 七戸町の青森県家畜市場で8日、2021年の子牛の初競りが行われた。新型コロナの影響で落ち込んだ価格は持ち直し傾向を維持し、市場関係者から安堵の声が聞かれた。

【20年産リンゴ価格低迷】
 青森県が全国一の生産量を誇るリンゴ。2020年産は全国的に豊作基調で他県産の流通量も多く、県南地方では贈答用などの一部を除き、価格が低迷している。

【八戸市7年ぶり40センチ超】
 低気圧が急速に発達した影響で、北奥羽地方は7日夜から8日未明にかけて猛吹雪に見舞われた。八戸では7日午後11時に最深積雪44センチを観測。7年ぶりに40センチを超えた。