Free青森県南地方で大雪 交通にも乱れ

朝から雪かきに追われる学校関係者=8日午前8時ごろ、八戸市内
朝から雪かきに追われる学校関係者=8日午前8時ごろ、八戸市内

強い冬型の気圧配置の影響で、北日本は7日から8日未明に掛けて大荒れの天気となった。青森県南地方では一時、三八上北に暴風雪警報、下北に大雪警報が出されたほか、JR八戸線は午前中の上下線が運休となるなど交通も大きく乱れた。市民は朝から雪かきに追われた。

 青森地方気象台によると、午前9時現在の積雪は八戸40センチ、十和田57センチ、三戸41センチ、野辺地70センチなど。八戸線は午後1時までの上下17本を運休。JR大湊線、青い森鉄道も運転を見合わせている。東北新幹線も始発から盛岡―仙台で運休しており、午前中に再開の見通しだ。