Free青森県南地方で大雪、交通機関に乱れ/八戸は最大22センチ

雪の片付けに追われる市民=30日午前9時55分ごろ、八戸市
雪の片付けに追われる市民=30日午前9時55分ごろ、八戸市

強い冬型の気圧配置の影響で、青森県南地方は30日、大雪に見舞われた。青森地方気象台によると、八戸では、未明から降り始めた雪が最大22センチに達し、12月の24時間降雪量の記録を更新した。市内では、朝早くから雪かき作業に追われる市民の姿が多く見られた。

 大雪の影響で、交通にも乱れが生じた。JR東日本青森支店によると、八戸線の陸奥白浜―鮫、鮫―久慈間でそれぞれ倒木が発生。鮫―久慈間で終日運転を見合わせるなど、上下9本が運休、上下3本が遅延し、約610人に影響が出た。31日始発の久慈発八戸行き上り1本も運休する。

 大湊線でも、野辺地駅構内で除雪作業が必要になり、上下4本が運転を見合わせた。また、青い森鉄道によると、大湊線の運休に伴い、八戸―野辺地間で上下2本が運休、上下3本が遅れた。

 同気象台によると、冬型の気圧配置は31日も続く見込み。雪や雪崩、高波などに警戒が必要だ。
雪の片付けに追われる市民=30日午前9時55分ごろ、八戸市

お気に入り登録