Free朝のニュースダイジェスト(12月30日)

【八戸港水揚げ 2年連続7万トン割れ】
 八戸市水産事務所は29日、2020年の八戸港の水揚げ実績(速報値)をまとめた。数量は6万1170トン(前年比7%減)で、2年連続で7万トン割れ。

【正月用食品を品定め】
 今年の暮れも押し詰まった29日、八戸市河原木の八食センターには正月用の食材を買い求める市民らが訪れ、新鮮な海産物などの「ごちそう」を品定めした。

【コロナ感染、八戸で3人 うち1人死亡】
 青森県などは29日、八戸市や青森市、弘前保健所管内で計15人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。このうち八戸市は計3人で、70代男性が死亡。

【コロナ禍で初売りの準備進む】
 全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、八戸市内の百貨店やショッピングセンターは3密回避を念頭に置きながら初売り商戦に向けて準備を進めている。

【三沢市教委が睡眠教育進める】
 三沢市教委は本年度、小中学生を対象に、眠りの大切さを学び生活習慣を改める「眠育(睡眠教育)」を進めている。