三鉄リアス線4~10月乗員、コロナ影響で4割減/20年度決算赤字見通し

三陸鉄道は23日、岩手県宮古市の本社で取締役会を開き、リアス線(久慈―盛)の4~10月の乗車人員は、新型コロナウイルス感染症の影響で前年同期比41・6%減の39万4084人にとどまったことを明らかにした。本年度決算も赤字となる見通しだ。 4.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら