【青森県主食用米】生産者「見通しつかない」 コメ作り対策に疑問も

青森県農業再生協議会が2021年産主食用米生産量の目安を発表した14日、県内の生産関係者は「来年の見通しがつかない」とコメ作りへ不安を口にした。飼料米や輸入米などへの転作が求められているが、さまざまな制約があり「簡単にはできない」とこぼす。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら