GK畑、先輩から刺激受け奮闘/全日本IH

決勝でGKをブレイズのゴールマウスを守ったのはGK畑享和。準決勝で好セーブを連発した先輩橋本三千雄の姿を目の当たりにし、「刺激を受けた。覚悟を持って決勝に臨んだ」。 第1ピリオド(P)から相手に攻め込まれる苦しい展開だったが、気迫満点のセー.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら