無情の幕切れ 184球目、悪夢の暴投

4季連続甲子園の夢を乗せたボールが、キャッチャーミットを外れ、こぼれていった。 1―1で迎えた延長十二回、光星の絶対的エース中川優が投じた184球目。2ボール2ストライクから、中川が「三振を狙った」というチェンジアップは、捕手馬場龍星の前で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録