【ブレイズ―アイスバックス】ピリオド序盤の失点重く

ブレイズはホームでの年内最終戦で連勝を目指したが、課題としていたピリオド(P)序盤の失点が重くのしかかり、黒星を喫した。大久保智仁監督は「選手たちは決して手を抜いているわけではないのは、プレーを見ていれば分かるのだが…」と無念さをにじませた.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら