時評(12月6日)

二戸市の漆搔(か)き技術を含む「伝統建築工匠の技 木造建造物を受け継ぐための伝承技術」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録される見通しとなった。関係者は認知度アップに期待するが、原木の確保や職人育成といった課題もある。無.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら