大会運営関係者がコロナ感染 青森県スケート連盟関係者、言葉失う

全日本選抜スピードスケート競技会八戸大会(11月20~22日・YSアリーナ八戸)の運営補助にも当たった八戸市職員男性の新型コロナウイルス感染が2日、確認された。青森県スケート連盟の田名部和彦会長は本紙取材に応じ「選手と大会役員らが接触しない.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら