【ヴァンラーレ八戸―YS横浜】好機演出も決定力不足

前線からの積極的な守備と長短のパスを使った多彩な攻撃で試合を優位に進めた八戸。多くの好機を演出しながらも決定力不足が響き、引き分けによる勝ち点1にとどまった。今季初の連勝を逃し、FW上形洋介は「勝ちきれないのは、追加点を決められないFWの責.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら