感染力強める冬のウイルス対策「各自の意識でリスク減らして」

今冬の感染対策は、こまめな換気や手指消毒など個人レベルの感染予防が重要となる 
今冬の感染対策は、こまめな換気や手指消毒など個人レベルの感染予防が重要となる 
八戸市を含む東北地方太平洋岸の冬は、少雪で乾燥し、厳しい寒さが特徴だが、同時にウイルスが感染力を強める時期でもある。外気温の低さから暖房の効いた室内にこもりきりになり、窓を開けての適切な換気など感染対策をためらうと、感染リスクは上昇する。世.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら