“自然を歩く観光”の可能性探る 「潮風トレイル」活用した旅行商品を開発中

ゴール地点の蕪島に到着したモニターツアーの参加者。VISITはちのへなどは、みちのく潮風トレイルの旅行商品の開発を進めている=15日、八戸市鮫町
ゴール地点の蕪島に到着したモニターツアーの参加者。VISITはちのへなどは、みちのく潮風トレイルの旅行商品の開発を進めている=15日、八戸市鮫町
八戸市の蕪島から福島県相馬市の松川浦までの三陸沿岸をつなぐ「みちのく潮風トレイル」の利活用策として、八戸圏域版DMO(観光地域づくり推進法人)「VISIT(ビジット)はちのへ」などが、種差海岸・階上区間の旅行商品の開発に取り組んでいる。新型.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録