中間貯蔵施設の設工認申請は1月/RFS

使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)の安全対策工事に関する詳細設計の認可(設工認)を、事業者のリサイクル燃料貯蔵(RFS)が来年1月をめどに原子力規制委員会へ申請する方針であることが26日、原子力規制庁との面談録で分かった。 中間貯蔵施設は.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら