警戒音流しカラス撃退 八戸市、ベンチャー企業と共同で対策

スピーカーからカラスが嫌がる音声を流し、カラスを追い払う八戸市の職員(右)とクロウラボの塚原直樹代表=17日、八戸市
スピーカーからカラスが嫌がる音声を流し、カラスを追い払う八戸市の職員(右)とクロウラボの塚原直樹代表=17日、八戸市
八戸市は、夕方から夜間にかけて市中心街に集まるカラス対策として、宇都宮大発のベンチャー企業と共同で追い払い策に力を入れている。市内4カ所にスピーカーを設置し、カラスが警戒する音を流すことで電線の上にとどまらせない作戦だ。中心街では数年前から.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら