【ハンター記者体験記】(1)デビュー 思わず「ごめん」命に感謝

解体したシカの亡きがらに手を合わせる記者(左)とリーダー
解体したシカの亡きがらに手を合わせる記者(左)とリーダー
青森県のニホンジカ猟が解禁となった11月1日、本年度わな猟免許を取得した農業担当の記者(39)は、ハンターデビューを果たした。八戸市の3人でチームを組んで活動し、鹿1頭を初めて捕獲。初回はほとんどの作業をリーダーに頼ることとなり、安全確保の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら