新型コロナ、インフル同時流行に備え態勢整備 青森県、東北では最も遅く

新型コロナウイルスとインフルエンザの両感染症の同時流行に備え、青森県は相談、診療、検査態勢の見直しを進めている。従来の保健所に設置した「帰国者・接触者相談センター」から、地域の医療機関による「診療・検査医療機関」へ切り替える方針で、県内15.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら