「うるしの日」小学生ら200人が漆の苗木など植樹/二戸市

漆などの植栽を終え、最後に記念撮影する参加者
漆などの植栽を終え、最後に記念撮影する参加者
二戸市は「うるしの日」の13日、「漆うるわしの森植樹祭」を同市浄法寺町大清水地区で開き、地元小学生や市内外の企業・団体などの約200人が漆500本と、漆器の木地として使われるトチノキ200本を植えた。 市が10月に分収契約を結んだ国有林約2.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら