【ヴァンラーレ―富山】響いた序盤の2失点

前節から中2日という過密日程の中、富山に対する守備のプランを練ってきた八戸だったが、前半13分までに2失点。力の差を見せつけられた格好に、DF佐藤和樹は「相手の思うようにやられてしまった。敗因は序盤の2失点が全て」と肩を落とした。 試合開始.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら