Free橘さん(百石高)が最優秀賞「黒にんにくひっつみの豆乳汁」/豆乳レシピ甲子園 

豆乳レシピ甲子園の郷土料理部門で最優秀賞を受賞した橘珠里さん
豆乳レシピ甲子園の郷土料理部門で最優秀賞を受賞した橘珠里さん

豆乳を利用したレシピのコンテスト「第7回豆乳レシピ甲子園」(日本豆乳協会主催)の郷土料理部門で、青森県立百石高(中村豊校長)食物調理科3年の橘珠里(しゅり)さん(17)考案の「黒にんにくひっつみの豆乳汁」が最高賞の最優秀賞に輝いた。橘さんは「レシピをきっかけに地元の食材を知ってもらえればうれしい」と受賞を喜んでいる。

 同甲子園は、高校生を対象とした「郷土料理」や「豆乳おかず」などの4部門と、一般向けの「豆乳たっぷりおうち料理」の計5部門で開催。同協会によると、5部門合計で1878件のレシピが集まったという。このうち郷土料理部門には70件の応募があった。

 書類審査を行い、最終審査に残った作品を料理研究家らが実食審査して入賞作品が決定した。

 「郷土料理のひっつみを生かしたいと思った。インパクトがあって体に良い物を作りたかった」と橘さん。スープは豆乳をベースに醤油などを加えてあっさりとした味わい。小麦粉を練った具材にはペースト状にした黒にんにくを練り込みマイルドに仕上げた。「豆乳と黒にんにくの組み合わせは意外に思われるが、食べやすくておいしかった」と話す。

 橘さんは「これからも青森ならではの食材を知ってもらえるよう、さまざまな料理に挑戦したい」と意気込む。