天鐘(11月16日)

没後10年となる八戸市出身の芥川賞作家・三浦哲郎さんの随筆に『おふくろの夜回り』がある。寒い冬の夜、寝静まった家族の寝床を毎日見て回っていた母親のことを綴(つづ)っている▼中の冷気を追い出すために、布団の肩口を「ほた、ほた」と優しくたたいて.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら