新型コロナ考慮 六戸町が地震想定の実働訓練

体調の聞き取りや検温などの対応を確認した訓練
体調の聞き取りや検温などの対応を確認した訓練
六戸町は8日、同町の小松ケ丘地域交流館などで、新型コロナウイルス感染症を考慮した防災訓練を実施した。町職員22人が避難所の開設と運営、簡易テントや段ボールベットの組み立てなどに取り組み、緊急時に備えた。 実働訓練では、大きな地震で家屋の倒壊.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら