Free北奥羽の地名【川崎町】/どんな由来?

JR八戸線と三陸鉄道リアス線が接続する久慈駅東側にある川崎町は、市役所や警察署、税務署などの官公庁のほか、ホテルや銀行、小売店、飲食店などが立ち並び、久慈市の繁華街を形成する。
 地名はかつて「川崎製鉄久慈工場」があったことに由来。市役所庁舎北西側の広場に記念碑が立ち、“鉄の街”で栄えた歴史を伝える。開戦間近の1939年、豊富な砂鉄資源に目を付け、当時の川崎造船所が製鉄所を開設。41年から本格操業し、60年には年産5万トンに達した。
 粉じん公害問題の発生や鉄鉱石を原料とする製鉄への移行を背景に、工場は67年に閉鎖された。製鉄所の解体後、工場跡地の約3万平方メートルを市が買い取って再開発した。
 ※ネット連載