Free二戸市議会議長を逮捕 少女にみだらな行為、容疑を否認

小笠原清晃容疑者
小笠原清晃容疑者

二戸署は9日、青森県青少年健全育成条例違反の疑いで、二戸市議会議長の行政書士小笠原清晃容疑者(76)=同市堀野長瀬=を逮捕した。容疑を否認している。

 逮捕容疑は、今年3月23日午前10時~11時ごろまでの間、八戸市内の宿泊施設で、18歳未満であると知りながら、青森県南地方在住の10代女性にみだらな行為をした疑い。

 同署によると、小笠原容疑者と女性は以前から面識があった。女性の関係者から相談を受けた同署が捜査していた。同署は余罪の有無についても調べる方針。

 小笠原容疑者は、市町村合併前の2005年の旧二戸市議会議員選挙で初当選し、現在6期目。昨年8月から議長を務めている。

 逮捕を受け、市議会の田中勝二副議長は「事実であるとすれば大変遺憾。議会を代表して深くおわびする」とコメント。藤原淳市長は取材に「寝耳に水であり、驚きを禁じ得ない。市民と一体となってまちづくりを進めている時に、事実であれば誠に遺憾だ」と述べた。