Free朝のニュースダイジェスト(11月3日)

【八戸で新たに1人感染】
 青森県などは2日、県内で新たに新型コロナウイルスの感染者8人を確認したと発表した。うち1人は八戸市在住の80代以上女性。

【新酒造りが本格化】
 八戸市湊町の八戸酒造で、秋の新酒造りが本格化している。酒蔵では蔵人がタンク内のもろみをかき混ぜる「櫂入れ」などの作業に精を出し、芳醇な香りが漂っている。

【ビルに抗ウイルス効果の塗料】
 新型コロナウイルス感染防止策として、八戸市長横町のポストコアなど3施設は、それぞれのエレベーターに抗ウイルス・除菌効果がある特殊塗料でコーティングを施した。

【落下模擬弾の位置特定へ】
 米軍三沢基地所属のF16戦闘機が昨年11月、六ケ所村の民有地に模擬弾を落下させた問題で、東北防衛局は2日、模擬弾の位置特定に向けた作業を開始した。

【全村民が無償で予防接種】
 東通村はインフルエンザ予防接種を無償で受けられる対象を全村民に拡充する。2日の村議会臨時会で事業費を盛り込んだ一般会計補正予算案が可決された。