【八戸初のクラスター】警戒強める市民 飲食店は客足減を懸念

新型コロナウイルスの新たな感染者が確認された八戸市。中心街の人通りは少なく、閑散としていた=2日午後3時15分ごろ
新型コロナウイルスの新たな感染者が確認された八戸市。中心街の人通りは少なく、閑散としていた=2日午後3時15分ごろ
通所型介護施設で八戸市内初の新型コロナウイルスによるクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、市内では感染拡大への懸念から、緊張感が一気に高まっている。市民は「対策をより徹底しないと」と警戒を強める一方、マスク着用や手の消毒が既に日常的.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら