【ブレイズ―横浜】劣勢耐え、第2ピリオド爆発

第1ピリオドに反則がかさみ、流れをつかみきれなかったブレイズが、その鬱憤を第2ピリオドに晴らした。4分すぎに待望の先制ゴールを決めたのは人里茂樹主将。前日にチームメートのGK3人からアドバイスを受けた通り、「相手GKが対応しづらい顔の横」に.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら