【新型コロナ】弘前市に宿泊療養施設 11月1日から運用/病床逼迫解消に期待

弘前保健所管内を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、青森県は29日、弘前市の宿泊施設(約100室)を軽症者や無症状者向けの療養施設として使用することで経営者側と合意したと明らかにした。これまで同管内には宿泊療養施設がなく、県が青森市.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら