八戸市と大塚製薬が熱中症・災害対策など包括連携協定 学校へ「ライフラインベンダー」設置

連携協定を結んだ小林眞市長(左)と迫上智博支店長
連携協定を結んだ小林眞市長(左)と迫上智博支店長
八戸市と大塚製薬仙台支店ニュートラシューティカルズ事業部(迫上智博支店長)は23日、市民の健康増進とスポーツ振興などに関する包括連携協定を締結した。 協定締結は、同支店が市に提案したことで実現。同支店と青森県は2016、17年に健康や防災に.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら