ウルスラ高で模擬議会グループワーク 県の課題解決法を提案

さまざまな分野での活性化策を考える生徒
さまざまな分野での活性化策を考える生徒
政治や選挙に関心を高めてもらおうと、青森県選管と県明るい選挙推進協議会は23日、八戸聖ウルスラ学院高(里村智彦校長)で高校生模擬議会グループワークを行った。普通科SA、同UA両コースと英語科の1年生94人が参加し、県内観光の活性化や福祉向上.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら