Free【月刊Dashドラフト特集】中道佑哉投手(八学大) 雪辱胸に地元名門へ=4月号からセレクト

月刊Dash4月号から、26日のプロ野球ドラフト会議でソフトバンクの育成枠で指名を受けた中道佑哉投手(八学大)の記事をセレクト。十和田市出身で初のプロ選手として活躍が期待されている。
 …………………………
 八戸学院大の中道佑哉(八学大野西高出)は、大道温貴と共に二枚看板を背負う。「全球種で内外角の厳しいコースを突くことができる」という抜群の制球力が武器の技巧派左腕だ。

 最速144キロの直球のほか、スライダー、カーブ、チェンジアップを操り、緩急自在の投球が身上。生命線である制球力を支えるのは関節の柔らかさで、「これまで肘を痛めたことはない」ほどだ。

 十和田市出身。高校時代は1年冬に腰を負傷すると3年春まで長引き、最後の夏も青森大会4回戦で敗れた。けがに泣いた高校時代の雪辱を胸に、プロ野球選手を多数輩出する名門大学の門をたたいた。投手出身の正村公弘監督の指導を受け、「球速、制球、球質など、全ての面でレベルアップできた」。

 3年春から先発投手を務め、春季リーグ戦ではベストナインに選ばれる活躍で優勝に貢献。全日本大学選手権1回戦では九回のピンチを抑えられず、悔しい思いをした。3年秋は5試合に登板し、1勝1敗と納得のいく結果を残せなかった。

 喜びと悔しさが入り交じった3年を過ごして迎えた最後の1年。「チームスローガンに決めた(春秋リーグの)『連覇』を果たせるような投球をしたい」と闘志を燃やす。 なかみち・ゆうや 十和田市出身。市立北園小―三本木中―八学野西高卒。182センチ、74キロ