版築土橋は東北最大と判明/南部町・聖寿寺館跡

版築工法の土橋と通路の発掘調査現場。奥に立つ人物の地点を境に、奥に土橋、手前に通路が延びていたとみられる=22日、南部町
版築工法の土橋と通路の発掘調査現場。奥に立つ人物の地点を境に、奥に土橋、手前に通路が延びていたとみられる=22日、南部町
戦国時代に北奥羽地方で最大の勢力を誇った三戸南部氏が拠点とした南部町小向の国史跡「聖寿寺館(しょうじゅじたて)跡」について、町教委は22日、城館北側で確認されていた版築(はんちく)土橋が、室町・戦国時代としては東北最大で、国内でも最大級との.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら