出生数、大幅減少へ コロナで妊娠届11%下落/青森23・7%減、岩手11・2%減

 都道府県別の妊娠届の減少率(2020年5月)
 都道府県別の妊娠届の減少率(2020年5月)
全国の自治体が今年5~7月に受理した妊娠届の件数が、前年同期比で11・4%、2万6331件のマイナスとなったことが20日、厚生労働省の集計で分かった。来年出生する子どもの数は大幅に減る見通しとなった。新型コロナウイルス感染拡大による雇用情勢.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら