命の大切さ考える 県が六戸高で対話集会

グループで出た意見を発表する生徒
グループで出た意見を発表する生徒
青森県は16日、六戸町の県立六戸高(吉田繁徳校長)で、「他人を思いやり命を大切にする心を育む対話集会」を開いた。同高1、2年生111人と地域住民16人、八戸学院大短期大学部の学生10人が参加。道徳教科の資料や実際の事例を題材に意見交換し、高.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら