Free北奥羽の地名【ホロキ長根】/どんな由来?

八戸市湊町地区の新井田川河口部東岸にある地名。段丘状の地形に住宅が並ぶほか、近くに八戸セメントが立地している。
 「ふるさとはちのへ地名語源散策第一輯(しゅう)」によると、新井田川沿いの台地には大小さまざまな神様が祭られ、ホロキ長根の集落には祭主やイタコなどがたくさん住んでいた。八戸地方の言葉で「祓(はら)うこと」を「ホログ」と呼び、発音がなまって変わり「ホロキ」に。
 「長根」は「台地・尾根」を指し、二つを合わせた「お祓いをする人々が住むところ」との意味で名付けられた―としている。
 ※ネット連載