三戸の正面衝突事故 死亡したのは30代会社員男性

15日夜、三戸町梅内板沢の国道4号で乗用車同士が正面衝突し、運転手が死亡した事故で、三戸署は16日までに、亡くなったのは八戸市糠塚蟹沢、会社員の男性(33)と発表した。死因は胸部外傷。対向車の田子町田子悪土向、会社員の女性(62)も鼻骨骨折.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら