児童ら「お餅楽しみ」稲刈りに精/八戸市立轟木小

稲刈りに精を出す生徒
稲刈りに精を出す生徒
八戸市立轟木小(松橋淳子校長)は5日、同校裏の田んぼで育てたもち米の稲刈りを行い、全校児童36人と近隣住民が収穫作業に精を出した。 同市市川地区の基幹産業である農業について知識を深める目的で、20年ほど前から実施している。今年は5月28日に.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら