イノシシ“空白地帯”一変 田子で農業被害じわり 

イノシシに荒らされた田んぼ。ふんや臭いで売り物にならないという=2日、田子町相米
イノシシに荒らされた田んぼ。ふんや臭いで売り物にならないという=2日、田子町相米
岩手、秋田両県と県境を接する田子町で、農作物へのイノシシ被害がじわりと拡大している。田んぼで稲を踏み荒らしたり、イモを掘り返して食べたりする被害が確認されており、生産者を悩ませている。青森県は長年、イノシシが生息していない“空白地帯”とされ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら