原燃パワハラ訴訟 原告女性と会社側が和解

わいせつ行為やパワハラを受けたとして、日本原燃の派遣社員だった女性が、上司の男性と同社に約950万円の損害賠償を求めた訴訟で9日、和解が成立した。青森地裁十和田支部(北川瞬裁判官)で同日開かれた口頭弁論後に和解協議が行われ、原告側の代理人弁.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら