Free八戸前沖 セグロイワシ漁本格化

八戸港で本格化しているセグロイワシの水揚げ=9日、八戸市第1魚市場
八戸港で本格化しているセグロイワシの水揚げ=9日、八戸市第1魚市場

八戸港所属の小型巻き網船「成進丸」船団による八戸前沖でのセグロイワシ(カタクチイワシ)漁が本格化している。9日は2回の水揚げで計20トンを上場。入札の結果、10キロ当たり高値450円で取引された。大半が煮干しの原料になるとみられる。

 今季のセグロ漁は先月下旬からスタート。船団関係者らによると、漁獲量は日によって数トンから20トン程度とばらつきがあり、サイズも5センチ前後と小ぶりが主体だ。

 船主の大山清見さん(78)は「小さいが、煮干しにするには最高のサイズ」と笑みをこぼした。船団はこの日、未明から午前中にかけて3回出漁し、セグロのほかにサバ2トンなども水揚げした。

 船団は10月下旬までセグロ漁を続け、その後はマイワシやサバ漁に移行する見込みだ。