点字判読や盲導犬と触れ合う 青森県立八戸盲学校が体験イベント開催

視覚障害の見え方や適切な支援などを紹介したイベント
視覚障害の見え方や適切な支援などを紹介したイベント
青森県立八戸盲学校(大坂充校長)は3日、八戸市のラピアでイベント「愛・Eyeライブラリーinはちのへ」を開き、来場者が点字の判読や盲導犬との触れ合い、ゴールボールなどの障害者スポーツなどの体験を通して、視覚障害への関心を高めた。 視覚障害者.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら