Free全国大会へ闘志 少年野球「東北クラブ」(東北町)が町長に予選会優勝報告

優勝を報告する東北クラブのメンバーら
優勝を報告する東北クラブのメンバーら

東北町の少年野球チーム「東北クラブ」が、6~9月に青森県内各地で行われた「PRIDE JAPAN第3回少年野球全国大会青森県予選会」でブロック優勝を決め、全国大会の出場権を獲得した。クラブのメンバーは2日、東北町役場に蛯名鉱治町長を訪ね、笑顔で優勝報告した。

 同クラブは町内外の小学3~6年生18人が所属している。予選会は、東北地方で学童野球大会を運営するBIGWESTCUP実行委員会が主催。県内32チームが出場し、2つのブロックに分かれて県内各地で6月からトーナメント形式で戦った。

 9月21日に平川市で行われた準決勝では、相手に先制を許すも逆転勝ちを収めた。続く決勝は黒石市の黒石ベースボールクラブを11―3で破り、ブロック優勝を決めた。

 報告を受けた蛯名町長は「選手の頑張りがあったからこその優勝。これからも練習を頑張って」と激励。蛯名樹希(じゅき)主将(11)=上北小6年=は「ピンチをチャンスに変えて戦うことができた」とうれしそうに語った。

 全国大会は11月21~23日に愛知県美浜町で開催。チームは、新型コロナウイルスの感染状況を確認した上で出場を検討するという。