Free北奥羽の地名【有家】=洋野町/どんな由来?

【有家=うげ】
 洋野町の沿岸南部にある地区。地名の由来とされるのが、同地区にある「有家神社」だ。町の歴史や文化を記した「種市町のむかし探訪」によると、「新古今和歌集」の選者として知られる公家、藤原有家が無実の罪で流罪となり、今の有家地区に流れ着いた。
 住民は有家を大変尊敬し、彼の死後に神社を建立。いつしか現在の名称で呼ばれるようになり、地区名につながったという。
 ただ、これはあくまで伝説だ。地元の郷土史家によると、「藤原有家の流罪」は中世に東北地方で演じられた「奥浄瑠璃」の演目であり、内容が口承されるうちに伝説化したと推測される。同地区は古くからアイヌ語を由来とする「うげ」と呼ばれ、伝説と融合して「有家=うげ」になったと考えられるという。
 ※ネット連載