産直施設 コロナ下で存在感 近場観光人気、新鮮野菜や果物安く

近場を回る観光客や新鮮な農産物を求める買い物客が訪れている産直施設=9月下旬、八戸市の道の駅なんごう
近場を回る観光客や新鮮な農産物を求める買い物客が訪れている産直施設=9月下旬、八戸市の道の駅なんごう
新型コロナウイルス感染への警戒感が続く中、青森県三八地域で、農産物直売所の存在感が高まっている。感染予防の観点から遠出を控え、近場で観光を楽しむ人が増えてきたことを反映し、8月以降の売り上げが前年を上回る施設もある。天候不順で野菜が高騰した.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら